2017年9月19日火曜日

ウクライナ・スロバキアチームの恵み!パート2

チームの女性のメンバーらは、着物(ゆかた)姿で、賛美隊として立ち、人目を引きました。
地面が凍っているほど、朝方寒く、天候もよくなかったので、早天祈祷で、
チームでそのために祈りました。
賛美の時には、気温が上がり、曇り雨の予報でしたが、賛美している時は雨から守られ、
なんと集会が終わった時には大雨でした。
祈りが聞かれました。ハレルヤ!

2日目は、スロバキアから国境を越えて、ウクライナへと移動。
車で国境を超えるため、大変な車の行列でしたが、観光バスの観光チームという特権もあり、
数時間かかると言われていた国境越えを、1時間半でウクライナに入国することができました。
帰りは、1時間以内でスロバキアに戻ることができ、現地の牧師さんも奇跡だと言っていました。
ハレルヤ!

ウクライナの特に東側は戦闘地域なので、かなり緊張を感じましたが、
実際訪れた町は、西側でもあり、全くそれらを感じさせない、生活的にも恵まれた地域のように見えました。
この町で使徒団の教会の牧会をしているボロジャ牧師との関りを通して、
また、チェコのサリー宣教師ご夫妻がボロジャ牧師と再会を導かれることを通して、
今回のチームが導かれました。

大きな広場にはステージが設けられていて、TLCCCの賛美隊が、楽器をもって賛美しました。
証も交えて、伝道集会的な形で行われましたが、
この集会を通して、一人の方が、夜の集会に行きたいと言ってこれました!

その広場から100メートル位離れた場所に、モダンな造りの使徒団の教会がありました。
初めはやはり多くの方々が集まっていましたが、途中、半分近くの方が帰られました。
しかし、集会の最後のミニストリーの時まで残って、癒しの祈りや祈りのリクエストをもって
待ち望んでいた方々が印象的でした。

3日目は、スロバキアに再入国し、スロバキア第二の都市コシェッツにある、
その地域で最大の使徒団の教会、1000人規模の教会で奉仕がなされました。

この教会では、聖書研究会があるので、そこで挨拶をする程度かもしれないとのことで、
実際牧師の方々と会うまでは、奉仕が与えられるのか目途がなかったのですが、
トレビショフの牧師の方が合流された助けも受け、非常に喜んで奉仕の機会を与えてくださいました。
チームで賛美とメッセージの奉仕をフルにさせてくださり、
集会中、ずっと泣き続けておられる女性もいました。





ニューヨーク・ミッションの働きのため御言葉を与えられたのと、
もう一つ、第一コリント10章13節からも与えられました。

「あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。」

大変恵まれた、実りの多い、神様が約束を果たしてくださった派遣を体験することができました。
主に感謝します。











2017年9月11日月曜日

9/11 16周年目の追悼式



あれから、16年目となりました。
毎年、遺族代表で亡くなられた方々の名前を読み上げますが、
この小さな女の子は、会ったことのないグランパ(お祖父様)の名前を
最後に読み上げました。
ご遺族の方々に救いの確かな希望がありますように!



2017年9月10日日曜日

ウクライナ・スロバキアチームの恵み!

ハレルヤ、主の御名を賛美します。ウクライナ・スロバキアチームのため
お祈りをありがとうございます。

チームに導かれていると思ってから、家内の婦人科のMRI検査が許され、
その結果を待ち、悪性でないことが確認され、
再びチームの参加が御心なのか祈ると、やはり主の促しを感じて、応募しました。
それでも、エンジンがかからないような気持ちでいたところ、
翌日に指先を5針縫うというケガをして、
はっきり主が導いておられると目が覚まさせられ、参加した派遣でした。


最初は、スロバキアのトレビショフの町の使徒団の教会で聖会が行われました。
100人くらいいたでしょうか、部屋いっぱいに人が集まっていました。
チームのJゴスペル賛美・証し・預言のセミナー・メッセージとあり、
最後までほとんどの人が残っておられ、集会の後のミニストリーの時には、
たくさんの方々が祈りを求めて並ばれました。
この夜の集会で証をさせていただいたのですが、聖霊様の御臨在を強く感じ、
最後まで聖霊様でしかありえないという働きがありました。

ニューヨーク・ミッションとして海外宣教が語られている中、
み言葉を受けたいと願って参加しました。

ウクライナに入って最初の早天でのデボーション箇所から、
はっきりと神様に語られました。


『わたしは、この民と異邦人との中からあなたを救い出し、彼らのところに遣わす。
それは彼らの目を開いて、暗やみから光に、サタンの支配から神に立ち返らせ、
わたしを信じる信仰によって、彼らに罪の赦しを得させ、聖なるものとされた人々の中にあって御国を受け継がせるためである。』(使徒26章17,18節)


(つづく)                                                                      ダニエル浅野




2017年9月3日日曜日

ウクライナ・スロバキアチームへ出発

9月3日(日)の夜10時発で、
ニューヨークからワルシャワ(ポーランド)へ。
そこで東京からのチーム本体と合流します。

礼拝ですが、ワイシャツ姿ではなく、
派遣用のスタイルで奉仕 させて頂きました。
今日の礼拝には、オンライン会員のMさんが礼拝に来られ、
子供たちの卒業旅行から帰ったばかりのAさんがご家族で礼拝に。
また、他教会のNさんが、最新の祈りのリクエストをもって、感謝の報告と共に参加されました。
聖霊様の豊かな御臨在がありました。賛美の中で涙が止まらない方がおられました。
感謝のメッセージが皆さんの心に受け止められているのを感じられました。
主を心からほめたたえます。







2017年8月25日金曜日

ウクライナ・スロバキアチーム派遣に参加

2017年9月4日(月)~9月8日(金)の日程で遣わされる
ウクライナ・スロバキアチームに
ダニエル浅野牧師が参加することが決まりました。

神様からの確認を得て、いよいよヨーロッパに信仰の足を踏み入れます。

チームの御心の全うのため、どうぞお祈りください。
(参加を決定した日、マンハッタンで、ウクライナのレストランに出くわし、記念撮影)









2017年8月12日土曜日

一時帰国の恵み!

日本からNYに無事戻ることができました。
今回は、浅野牧師の歯の治療があり、夫婦で、白馬キャンプに合わせて一時帰国でき、
たくさんの恵み・祝福を受けることができ、主に感謝しています。
お祈りくださった皆様に感謝いたします。

東京アンテオケ教会の最初の日曜礼拝の午後に、
NYで病のとりなしの祈りをさせて頂いていたご夫妻と叔母様を
訪問し、癒しの祈りを祈り、イエス・キリストの福音を伝えることができ、
救いのみわざがなされました。聖霊様の豊かな導きがあったことを覚えています。


白馬キャンプでは、この地上で、すでに永遠の者として歩むことが語られ、
この世では寄留者であると聖書に書いてあることの意味合いを深く思いました。
永遠に価値ある働きと使命を全うしたいと思いをあらたにしました。
ゴスペルコンテストの賛美を通しての素晴らしい聖霊様の恵みを受けました。

また、浅野牧師は、京都に行き、ニュージャージーの教会で知り合った、
すい臓がんを患っているH兄を訪問しました。
H兄の教会で、再会を喜ぶとともに、
献身されている兄に神の栄光が現わされますようにと、
癒しの祈りをさせて頂きました。

日本では台風5号が奄美大島あたりに停滞して、曇りや雨の日が多く、
暑さから守られるようにとの祈りが答えられました。
また、台風5号が四国へ上陸する予報の中、浅野牧師が島根(中国地方)に
戻らなければなりませんでしたが、
月曜の朝の新幹線の指定席を、日曜の夜の夜行列車に変更しようとしましたが、
満車でかなわず、日曜の夕方の新幹線に変更して、
東京カリスマ聖会に参加することをあきらめるか、祈り求めていました。
カリスマ聖会に参加することを決め、祈り続ける中、カリスマ聖会の直前に、
月曜の早朝の新幹線に変更することを示され、急きょ、変更しに行き、
指定席をとることができました。

予報通り、台風が四国に向っている中、岡山までの新幹線、岡山からの在来線が止まることなく、島根の実家のある駅まで行くことができました。
在来線は雨でよく止まってしまうことがあるそうで、
自分が乗った特急列車の後の6本が運休になったそうです。
早朝の新幹線で導かれたことで完全に守られました。主に感謝します!

一つの目的の歯の治療を完了することができました。
また、東京と島根の実家での霊の戦いを導かれました。
救われていない家族のメンバーのために祈り続けます。

主に栄光!

(日本で7月中までの上映のハクソーリッジ、字幕つきで観れました!)

  







2017年7月28日金曜日

白馬キャンプに参加


恵みによって、今年の夏の白馬キャンプに
NY教会から夫婦で参加することができました。
霊的な恵みを、賛美の中で、メッセージを通して、お交わりの中で、
たくさん受けることができました。 主に感謝します!  

さらにこの恵みを感謝しつつ、祈り、しっかりと受け取ってゆきたいと思います。
(本聖会での証のとき)